失敗なし!車査定の基準から中古車を選ぼう

車査定の基準を知って良い中古車を選ぶ

失敗なし!車査定の基準から中古車を選ぼう
中古車を選ぶ時は、誰しも少しでも良い状態のものを安く手に入れたい、と思うことでしょう。中古車は走行距離や年式、車種によって大体の相場はあるものの、競争が激しいのでやはり店舗によって価格に差がつくのは事実です。しかし難しいのは中古車であるという点です。新車ならば、同じ状態と言っても良いでしょう。まったく同じものを購入するのですから1円でも安いほうが良いと思うのは当然です。しかし中古車の場合、二つとして同じ車はありません。同じ車種で年式や走行距離までほぼ同じでも、前の所有者が異なる以上、車の状態は異なっていると言えます。車とはドライバーの技術が影響する分かりやすい乗物です。荒い運転をする人に所有されていた車は消耗が激しく、エコ運転を心掛ける人が所有していた車はエンジンも良い状態になっています。メンテナンスの状況も異なるでしょう。よくワンオーナーが売りのように言われているのを耳にしますが、そのたった一人のオーナーがろくにメンテナンスをしない人だったらどうでしょうか。別に長所とは言えなくなります。とはいえ購入するほうにしてみれば、前の所有者のことなど考えても仕方がありません。所詮分からないことだからです。販売店がある程度情報を持っていれば良いですが、オークションで仕入れてきた車であればそれも期待できません。運と自分の感を信じるしかありません。

少しでも良い中古車を手に入れるには、まず車査定の法則を知ることから始めてみると良いでしょう。車がどんな風に査定されているのかを知れば、その値段の根拠がわかります。それによってお買い得なのかそうでないのかも分かってくるでしょう。例えば走行距離です。一般的に走行が少ないと車査定は良くなります。中古車を比べてみても、同じ年式なら走行距離が短いほうが高いはずです。しかし車は実はある程度走行して初めて良い状態が保てるように設計されています。年間1万キロ前後の走行を前提に作られていますので、例えば3年前の車なのに5000キロしか走っていない車は価格が高いわりにはお買い得ではない、と言えます。

お役立ち情報

Copyright (C)2017失敗なし!車査定の基準から中古車を選ぼう.All rights reserved.